ダイエット成功の秘訣は「おなか美人」

運動しているのに、なかなか痩せない。食事制限をしているのに、下腹ポッコリ…。
そんなダイエットの効果が出ないのは、もしかしたら腸内環境が原因かも?
 
近年の研究で明らかになってきた、ダイエットと腸内環境の切っても切り離せない関係をご説明します。

おなか美人セルフチェック

腸内環境を整えて痩せ体質を目指す!

腸内環境を整える

ダイエットの効果が出ないのは腸内環境が原因!?

女性にとって美しいスタイルは魅力的で憧れます。
しかし、「肥満」の問題はそのような見た目でなく、健康面だといえるのではないでしょうか?

「ダイエット」や「肥満」を語るとき、どうしても「医療」と「美容」との間に、その認識の違いが生じます。本人が思うほど「太ってない」のに、無理・過激なダイエットを続ける事で、かえって健康を害してしまっては本末転倒です。何事も時折立ち止まって、途中経過を冷静に見ることが重要なのです。

ダイエットといえば、
 ・食事制限でカロリーを抑える
 ・運動してカロリーを消費する
などが中心と考えられてきましたが、同じ食事をしていても、同じ運動をしていても、痩せる人と太る人がいます。

実は、近年の研究で、食事や運動をする以前に、ダイエットには腸内環境がとても重要ということがわかってきました。痩せる腸内環境になっていないと、どんなにダイエットを苛酷に行っても、効果が出にくいのです。
逆に腸内環境を整えて、痩せる体質になっていれば、ダイエットも楽になり、リバウンドもしにくくなります。

基礎代謝を上げる4箇条

腸内環境は細菌で決まる

では腸内環境が良いとはどういうことなのでしょうか?

腸内環境のよしあしを決めるのが、腸内にいる腸内細菌です。私たちの腸内には、300種類以上の腸内細菌がおり、その数、100兆個、重さにして約1キログラムといわれています。
腸内細菌を大きく分けると、3種類。身体に良い影響を与る「善玉菌」、悪い影響を与える「悪玉菌」があわせて30%ほど存在し、残りの70%は「日和見菌」と言います。

健康な成人の腸内細菌のバランス

善玉菌は、排便を助けたり、ビタミンなどの栄養を作ったり、体の免疫力を高めたり、毒素やウイルス等の侵入から体を防御したりと、私たちの美容と健康のために働いてくれています。
一方、悪玉菌は、有毒物質を生成し、排泄しにくい悪い便を作るなど、体の不調の原因となるトラブルメーカーです。
腸内では、この善玉菌と悪玉菌が勢力争いをし、善玉菌が増えたり、悪玉菌が増えたりを繰り返しています。

残る70%の日和見菌は、名前の通り、周りの空気を見て敵にも味方にもなる菌。善玉菌が増えれば善玉菌の味方になって腸内を健康にし、悪玉菌が増えれば、悪玉菌の味方になって体を弱らせたりします。

善玉菌を増やせばヤセ菌も増える

日和見菌の中にデブ菌とヤセ菌がいる!?

さらに、日和見菌の中に、太ったり痩せたりする原因となる「デブ菌」と「ヤセ菌」がいるということが、ワシントン大学の研究でわかりました。
「デブ菌」が多い人には、太めの体型が多く、「ヤセ菌」が多い人には、やせ体型系が多いということが調査の結果明らかになったのです。

太る原因となるデブ菌は「ファーミキューテス群」といい、腸内に運ばれてきた食べ物を、分解してエネルギーに変え、体内に吸収する働きがとても強い菌です。
一方、「ヤセ菌」こと「バクテロイデス群」は、短鎖脂肪酸という物質を出して、糖分を分解したり、脂肪の取り込みを抑制したり、脂肪の燃焼を促進する働きを持つ菌です。

通常は、デブ菌とヤセ菌の割合は4対6程度と言われていますが、デブ菌の割合が増えると、肥満の原因になるようです。

過食、脂肪分の多い食事はデブ菌を増やす!

デブ菌であるファーミキューテスは、食べ物をエネルギーに変えて吸収するのが得意なため、食事量が多くなるとファーミキューテスの働きも活発になり、増えてしまいます。特に脂肪分が多い食事の時に、その傾向は顕著になります。

ちょうど良い分量で、脂肪過多にならない食事が大切です。

ヤセ菌を増やす方法とは

痩せる腸内環境を作るには、ヤセ菌である、バクテロイデス群を増やすことが大切です。
バクテロイデス群は日和見菌なので、前述のように、善玉菌、悪玉菌の勢力争いの結果、優勢な方の味方をする特徴があります。
善玉菌が優勢になればバクテロイデス群やファーミキューテス群も腸内環境を良くする方向に働き、逆に悪玉菌が優勢になれば腸内環境を悪くする方向に働くことになります。

酵素と食物繊維を摂ろう

腸内の善玉菌を優勢にして、バクテロイデスを増やすには、「食物繊維」や「酵素」を含む食品を多く摂ると良いと言われています。
その両方を効率よく摂るには、「野菜」や「果物」を、生のまま丸ごと食べることがおすすめです。
また、熱処理がされていない「生ハチミツ」や「エキストラバージンオリーブオイル」も酵素が豊富な食品です。
さらに、「味噌」や「ヨーグルト」などの発酵食品には、酵素はもちろん、善玉菌を育てるのに役立つ「乳酸菌」も豊富に含まれているので、さらに効果的です。

腸内環境を良くすると他にもいいことが!

腸内環境を良くする効果は、ヤセ体質を作ることだけにとどまりません。便秘が解消されれば、デトックスが促されて、お肌の美しさにもつながります。
また、腸内細菌は免疫とも密接に関連しているので、病気になりにくい健康な体づくりにつながります。

ダイエットを成功させ、キレイで健康でいるために、食物繊維と酵素と乳酸菌を日ごろから摂取して、おなか美人をめざしましょう。

酵素と食物繊維の多い食品

酵素・食物繊維・乳酸菌を上手に摂ろう

忙しい現代人は思ったように生活習慣・食生活を変えられないのが現実。
だったら手軽なサプリメントで自分の生活リズムに合わせて摂取するのがオススメ♪

ヨーデルエステ

ボタニカルザイム

ベジフルスムージーダイエットグリーン

ベジフルスムージーダイエットレッド

ベジフルスムージーダイエットココナッツ

Copyright (c) ZEAS MEDIC WEB. All Rights Reserved. 当サイトに掲載されている内容の無断転載、画像、音声、映像の無断複製・転用を禁じます。